INFORMATION

2016年4月28日世襲じゃない工芸作家集団IKONさんの作品販売開始!

 

石川県金沢市を拠点に活動する工芸作家集団
「IKON(アイコン)」さんの作品販売を開始します!

 

“世襲じゃない”10名の作家さんで構成するパンキッシュなチームです。
合言葉は「どうかしてるぜ」です。

工芸はこうでなくてはいけない、という枠にとらわれず、
工芸の可能性を広げることで身近な存在にしていく。

そんな目的をもって活動されています。

 


作品は随時アップしていきますので
お楽しみに!

 

2015年5月18日1950年代アメリカ Pyrex/グリーンシンデレラボウル(小)

このシンデレラボウルがあれば、
たとえばサラダを作ったけど盛りつけるのがめんどくさいなぁって
ときにもそのまま食卓に出せちゃいます。

 

 

HW1005b

 

シンデレラボウルの特徴は左右のハンドル。

片方が注ぎ口としても使えるようにデザインされてるんです。

 

1950年アメリカでつくられた味わい深い緑のこのボウルは、

食卓やキッチンに置いておくだけで明るい雰囲気を演出してくれます。

特に、1940〜70年代に作られたものはコレクターの間でとっても人気なんだそう。

 

 

HW1005b-01

 

実はこのシンデレラボウル、iphoneのディスプレイガラスで有名なコーニング社で開発したものなんです。

だから、丈夫で長持ちするし、とっても扱いやすいんです。

サラダだけじゃなくって、お菓子や果物を盛りつけてもよさそうですね!

 

1950年代アメリカ Pyrex/グリーンシンデレラボウル(小)はこちらのページからご購入いただけます。

2015年5月4日1925年フランスの帽子掛け

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか。

 

お休み中、みなさんはどこへお出かけですか?

お出かけの際に帽子をかぶる方も多いのではないでしょうか?

 

100年前のパリジェンヌたちは、帽子がとても大事なファッションアイテムでした。
パリジェンヌたちは帽子をたくさん持っていて、それらを掛けるために帽子掛けが何個もあったのだそうです。
100年前からずっと、帽子はパリジェンヌたちの重要なアイコンだったんですね。

 

 

帽子掛け02

 

こちらは1925年フランスでつくられた帽子掛けです。
インテリアとして飾って楽しむのも素敵ですね。

 

 

帽子掛け03

 

手描きの花の模様がなんとも女性らしくかわいいですね。
剥がれた絵の具がなんとも味わい深くシャビーな雰囲気を感じさせてくれています。

 

 

帽子掛け01

 

オレンジと青の2色あるので、お部屋にあわせてお選びいただけます。

 

 

1925年フランスの帽子掛けはこちらからご購入いただけます。